INSTRUCTOR

養成コース選択ポイント

・たくさん汗をかきたい!フィットネスが大好き!激しく動きたい!

→Sole Synthesis をお勧めします。


・バレエ経験は今まで一度もないけど、やってみたい。ヨガは大好き!

→Sole Synthesis をお勧めします。


・バレエの動きをたくさんやりたい!あんまりハードには動きたくない!

→Standing Flow をお勧めします。


・コンディショニング系のプログラムが大好き!身体の使い方をしっかり感じながら動きたい!

→Standing Flow をお勧めします。




インストラクター養成コース【ソール・シンセシス】

ソール・シンセシス(Sole Synthesis)

フィットネス・バレエ・ヨガの3つの要素を含む、フュージョン系プログラム


ソール・シンセシスとは :

ソールとは足裏のことであり、英語表現の「SOLE」。足裏は、運動時だけでなく、日常生活における身体機能としても一番重要なところです。このプログラムは、”裸足”で行います。

バレトンの基礎をしっかりと学んでいきます。18時間で行い、最終日には試験があります。


コースの流れ :

コースの紹介・サンプルクラス①・ソールについて・ウォームアップ・ボディアライメント・フィットネスパート・バレトンパート・ヨガパート・キューイングについて・クラスデザイン・実践・サンプルクラス②・実技・筆記試験


認定書 :

合格者には「Balletone Sole Synthesisインストラクター」認定書を発行いたします。




インストラクター養成コース【スタンディング・フロー】

スタンディング・フロー(Standing Flow)

バレエの要素を多く含む、マインド&ボディ系プログラム


特にダンサーではない人々のためにデザインされたスタイルのコンディショニングプログラムであり、ダンスやピラテス、ヨガそしてフィットネスからのトレーニングテクニックをブレンドしています。楽しさや爽快なワークアウトを提供するものであり、器具や小道具を使わずにコアの強化や筋持久力、動的バランス、そして柔軟性を作り上げていきます。「…次の千年におけるフィットネス」などと呼ばれているスタンディング・フローは皆さんを動かし続けて、モチベーションをあげ、そして精神的にも集中した躍動的なワークアウトであり、全身の筋肉を使います。強化と柔軟性のワークアウトであり、ダンスのコンディショニング法を用いてデザインされており、わかりやすいフィットネスのフォーマットで提供されるものです。ソール・シンセシスで行った内容を復習しながらも、さらにバレエの要素を学んでいきます。18時間で行い、最終日には試験があります。


コースの流れ :

概説、解剖学の分析、身体の位置、クラスデザイン(ウォームアップ・バーワークコンビネーション・アレグロ・クールダウン&スタンディングストレッチ・フロアワーク・ストレッチ&リラクゼーション)、指導スキル、クラスプラン


認定書 :

合格者には「Balletone Standing Flowインストラクター」認定書を発行いたします。






資格更新について

Balletone JAPANでは、認定する資格を更新するために、継続教育を行っています。

継続教育を行う目的は、ライセンス保持者が知識や指導法などを常に発展させていくことにより、

より充実したトレーニングの実施、指導を行えるようにその能力レベルの維持向上を図っていくことにあります。

※年次更新に必要な費用 : 年会費¥10,000-(税込)


※年次更新するためにポイント取得する際の費用・時間数・アカデミーによって変動があります。

※更新の案内書類等は、更新期限の約2か月前に郵送させていただいております。

(書類がお手元に届かない場合は、Balletone JAPANまでお問い合わせ下さい)




資格更新について

資格更新に必要な条件

(1)年会費1万円を納めていること。

(2)継続教育単位(ブラッシュアップポイント)を資格取得から1年間で6ポイント取得していること。

注)6ポイントのうち最低4ポイント以上をブラッシュアップ等受講によるポイントとします。


有効な継続教育単位

有効な継続教育に対し、1時間で2ポイント、30分で1ポイントと換算します。


対象となる継続教育

(1)Balletone JAPANが継続教育として公認したワークショップ、ブラッシュアップ、講習会などを受講する。

(2)Balletone JAPANが別途定めたもの。


継続教育の告知

継続教育の対象となるワークショップなどの告知は、BalletoneJAPANホームページで随時公開します。


継続教育単位の管理

BalletoneJAPANでは会員個人の継続教育単位数を、継続教育を実施した時点で換算し管理します。

 その際、対象となるワークショップなどが開催された後、開催責任者からの報告を基に管理しますが、

相違がないように継続教育単位の管理は会員個人でもおこなってください。



ポイントの取得例

現在、㈱リアルインターナショナルが保有する資格において更新制度を設けているプログラムは4つ

1.Balletone Sole Synthesis

2.Balletone Standing Flow

3.FTPマットピラティス

4.BarreWRX (バーワークス)

ポイント取得の仕方は下記▼をご参照ください。


※B-UP:ブラッシュアップ(復習、スキルアップ等・アドバンス養成コース)

※WS :ワークショップ(新プログラムの体験、イベント等・その他養成コース)

※P = ポイント 


【▼資格取得が1種目の場合】

必要ポイント数▶6P


<Balletone Sole Synthesis ー資格のみ取得の方> 

例1)Balletone Sole Synthesis B-UP ▶合計6P

例2)Balletone Sole Synthesis  B-UP4P + その他WSや養成コース受講で2P ▶︎ 合計6P


<Balletone Standing Flowー資格のみ取得の方>

例1)Balletone Standing Flow B-UP ▶合計6P

例2)Balletone Standing Flow B-UP4P + その他WSや養成コース受講で2P ▶︎ 合計6P



【▼資格取得が2種目の場合】

必要ポイント数▶10P


<Balletone Sole Synthesis + FTPマットピラティスー資格取得の方>

例1)Balletone Sole Synthesis  B-UP4P + FTP マットピラティス  B-UP4P+その他WSや養成コース受講でWS2P

例2)Balletone Sole Synthesis B-UP6P + FTP マットピラティス B-UP4P

例3)Balletone Sole Synthesis B-UP4P + FTP マットピラティス B-UP6P


<Balletone Sole Sytneshsis+Balletone Standing Flow 資格資格取得の方>

例1)Balletone Sole Synthesis B-UP4P + Balletone Standing Flow B-UP4 + その他WSや養成コース受講で2P

例2)Balletone Sole Synthesis B-UP4P + Balletone Standing Flow B-UP6

例3)Balletone Sole Synthesis B-UP6P + Balletone Standing Flow B-UP4



【▼資格取得が3種目の場合】

必要ポイント数▶12P


<Balletone Sole Synthesis +FTPマットピラティス+BarreWRX -資格取得の方>

例1)Balletone Sole Synthesis B-UP4P + FTPマットピラティス B-UP4P +BarreWRX B-UP4P